Kinoppy Logo
【PHP×Kinoppy9月】わたしたちの、昭和。
熱気に溢れたあの時代を読書を通じて感じる!

あと少しで平成も終わりをむかえる現在、活気にあふれた激動の時代・昭和を振り返ることができるオススメの電子書籍をあつめました。
知られていない昭和史の数々や時代を代表する人物について改めて学ぶことができる歴史関連もの。あの頃を感じられる文化・カルチャー関連もの。昭和生まれが築いてきた平成について考える書籍などなど、
懐かしさだけではない、今という時代にもきっと役立つ何かを得ることができる1冊がここにあります。
期間中はAndroid/Webストア限定、ポイント25倍です!
この機会をお見逃しなく。
『歴史』を噛みしめる
渡部昇一
「だから日本は、戦った!」――「些細なこと」がいかに歴史を大きく変えていったのか。誰が、いかなる思いで、どういうことをしたのか。そして、当時の日本人は、何を感じていたのか。それらのことがすべて氷解し、歴史の見方が大きく変わる渾身の書!著者が実際に戦時中に見聞きし、感じたこと、読み込んできた数多の史料の中から、「昭和史の理解のために、ぜひとも知っておくべき事柄」をすべて盛り込んだ、「渡部昭和史」の決定版。現代人が忘れてはならない必須事項が、数多くのエピソードと共に細大漏らさず生き生きと描かれる。真実の歴史を知るために、ぜひとも座右に置いて読み返したい一冊。
たんなる「知識」ではなく、「昭和」の息づかいが伝わる随想集。昭和史をタテ・ヨコ・ナナメにとらえてつづるエッセイは、いずれも軽妙な筆致でありながら滋味深い示唆に富んでいる。
今日の世界の中での日本の立ち位置を知り、未来へ向けて日本がどう在るべきかを知るためにも知っておきたい、地脈がつながる昭和戦後史。
昭和史がわかる55のポイント
昭和史がわかる55のポイント
保阪正康
かくて昭和史は甦る
かくて昭和史は甦る
渡部昇一
ひと目でわかる「大正・昭和初期」の真実
ひと目でわかる「大正・昭和初期」の真実
水間政憲
昭和史の秘話を追う
昭和史の秘話を追う
秦郁彦
駐日米国大使ジョセフ・グルーの昭和史
駐日米国大使ジョセフ・グルーの昭和史
太田尚樹
昭和天皇
昭和天皇
小堀桂一郎
対論・異色昭和史
対論・異色昭和史
鶴見俊輔/上坂冬子
昭和の思想家67人
昭和の思想家67人
鷲田小彌太
吉田茂とその時代
吉田茂とその時代
岡崎久彦
私の夢・日本の夢 21世紀の日本
私の夢・日本の夢 21世紀の日本
松下幸之助
新国土創成論
新国土創成論
松下幸之助
『文化』に心おどる
藤井龍二
カップヌードル、ガリガリ君、G-SHOCK、ウォシュレット…今や、知らない人がいないほどの昭和生まれの大ヒット商品には、意外な歴史や人間ドラマが詰まっている!バブル崩壊以降、日本企業は、元気がなくなったといわれるが、元気な商品はまだまだある。そして、新しい商品もどんどん出てきている。商品に懸ける企業の意気込みは、創業時と変わらず熱いものがある。そんな元気が、この本で伝われば幸いである。
今でこそ日本人選手の活躍に沸くメジャー・リーグ。しかし日本のプロ野球がメジャーに近づくまでには遠く険しい道のりがあった。ベースボールを真に愛した男達による激動の物語。
なぜディスコは時代を超えて人々を魅了するのか?DJ歴30年以上の著者が、「自分史」をひもときながら、ディスコの魅力と可能性について綴る。
村上春樹の隣には三島由紀夫がいつもいる。
村上春樹の隣には三島由紀夫がいつもいる。
佐藤幹夫
心に訊く音楽、心に効く音楽 私的名曲ガイドブック
心に訊く音楽、心に効く音楽 私的名曲ガイドブック
高橋幸宏
ドラえもん学
ドラえもん学
横山泰行
仲代達矢が語る 日本映画黄金時代
仲代達矢が語る 日本映画黄金時代
春日太一
昭和のほどよい暮らし モノと人をだいじにする
昭和のほどよい暮らし モノと人をだいじにする
岸本葉子
君はまだプロレスを知らない
君はまだプロレスを知らない
馳浩
老後は銀座で
老後は銀座で
山﨑武也
おっさん力
おっさん力
影山貴彦
歌藝の天地 歌謡曲の源流を辿る
歌藝の天地 歌謡曲の源流を辿る
三波春夫
酒場の社会学
酒場の社会学
高田公理
もてなしの心 赤坂「津やま」東京の味と人情
もてなしの心 赤坂「津やま」東京の味と人情
野地秩嘉
この国はなぜ寂しいのか
この国はなぜ寂しいのか
小浜逸郎
満足できない女たち アラフォーは何を求めているのか
満足できない女たち アラフォーは何を求めているのか
田中亜紀子
昭和生まれが築いた『平成』
香山リカ
その数、なんと1900万人!「第二次ベビーブーマー」「団塊ジュニア」と称される一群を含む70年代生まれ。彼らは、ひそかに「貧乏クジ世代」とも揶揄される。 物心ついたらバブル景気でお祭り騒ぎ。「私も頑張れば幸せになれる」と熾烈な受験戦争を勝ち抜いてきたが、世は平成不況で就職氷河期。「下流社会」「希望格差社会」を不安に生きる彼らを待つのは、「幸運格差社会」なのか。「私だけがついてない」と感じている「団塊ジュニア」世代の自己不全感を時代論的に分析。
「一国の指導者としていかに業績をあげたか」という視点で、初代・伊藤博文に始まる、歴史に名立たる宰相たちの業績を10段階評価で大胆に格付け。日本のリーダーの正しい選び方。
だれも教えてくれなかった「インターネット的」世界の秘密がこの一冊に。日本最大のネット新聞『ほぼ日刊イトイ新聞』編集長の思想と時代論。
最終解答 日本近現代史
最終解答 日本近現代史
八幡和郎
「日本史」の終わり
「日本史」の終わり
池田信夫/與那覇潤
浩宮さま
浩宮さま
浜尾実
世界カワイイ革命
世界カワイイ革命
櫻井孝昌
迷い婚と悟り婚
迷い婚と悟り婚
島田雅彦
ママっ子男子とバブルママ
ママっ子男子とバブルママ
原田曜平
ネット依存症
ネット依存症
樋口進
ウメハラ
ウメハラ
梅原大吾/西出ケンゴロー/折笠格
【無料】PHP 創刊號
PHP研究所
なぜ敗戦直後の1946年に、松下幸之助はPHP研究所を創設したのか――。 『繁栄によって平和と幸福を――』人々が物心両面の豊かさを実現するためのPHP運動の発信媒体として創刊された月刊誌『PHP』。創刊号には、後に日本文化の礎を築く傑物たちが、社会の再建繁栄への願いを込めて綴っています。人間とは、幸福とは、真に豊かな人生とは何か。いつの時代も変わらぬPHP運動の原点。
▲ ページトップへ
©PHP研究所
紀伊國屋書店 Copyright by Kinokuniya Company Ltd.2018