Kinoppy Logo
10出版社横断_みんな、ウチのこの新書を読んでくれ!!!フェア
【Kinoppy限定企画】

新書自慢の出版社10社がKinoppyに大集合!
もっともっとたくさんの人に、ウチの新書を読んでほしい――
各社の担当者が「みんな、ウチのこの新書を読んでくれ!!!」と叫びだしたいほどの熱量でおすすめする自信作を厳選!
各社『渾身の1冊』は、出版社の担当者がおすすめポイントを力説。
対象作品最大50%OFFの一大新書フェアはKinoppyだけ!新書好きも新書ビギナーも、必見です!!

※そもそも「新書」ってなに?
「新書」とはB6サイズよりやや小さい型の本で、主にノンフィクションをテーマに扱うものが多い。
専門分野の入門書や分かりやすく噛みくだいた解説書も多く、あまり堅苦しく感じず、気軽に教養を深めるのに最適。

出版社担当者が圧倒的熱量でおすすめします!
各社『渾身』の1冊
NHK出版の渾身の1冊
中野京子
952円476円
<担当者力説!ウチの新書のここがオススメ!>
「怖い絵」で一躍名を馳せた中野京子氏が、絵画の中に潜む「人間心理の怖さ」にフォーカスした、記念すべきヴィジュアル新書の第1弾。悪意、呪縛、嫉妬...
KADOKAWAの渾身の1冊
<担当者力説!ウチの新書のここがオススメ!>
なんとなく聞いたことはある「フランス外人部隊」という存在。その実体が日本で報じられることは少ないですが、通算では100人以上の日本人が所属したの...
幻冬舎の渾身の1冊
出口治明
760円456円
<担当者力説!ウチの新書のここがオススメ!>
出口さんの言葉には、受け手の心の芯に響く力があります。私は書籍を通して出口さんの考えに触れていくことで、物事に対する捉え方がアップデートされ...
講談社の渾身の1冊
<担当者力説!ウチの新書のここがオススメ!>
中国の人口は13億人――多くの人はそう思っていますが、経済を語るときは中国の人口を4億人と考えたほうがよいのです。中国について知ろうと思うと、...
光文社の渾身の1冊
伊藤公一朗
780円390円
<担当者力説!ウチの新書のここがオススメ!>
ビッグデータ時代、AI時代を生き抜くための基礎教養として、データの扱い方とその分析方法を知るのは必須である。本書は、シカゴ大学の気鋭の経済学者...
集英社の渾身の1冊
<担当者力説!ウチの新書のここがオススメ!>
フィギュアスケーター羽生結弦はなぜ凄いのか。
四回転ジャンプを飛べるから?表現力があるから?じゃあその表現力って具体的に何を指すの?そんな...
小学館の渾身の1冊
ビートたけし
760円532円
<担当者力説!ウチの新書のここがオススメ!>
相変わらずの毒舌・ブラックユーモアは健在! 今回の天才・たけしは、高齢化社会のウソと欺瞞を真っ向からぶった切りながら、自分の中にある「孤独」や...
筑摩書房の渾身の1冊
<担当者力説!ウチの新書のここがオススメ!>
人生100年時代。そんな時代だからこそ、同じ仕事を、同じ会社でそのまま続けていくことに疑問を感じないでしょうか? そういった疑問に答えるべく、...
PHP研究所の渾身の1冊
岸見一郎
694円486円
<担当者力説!ウチの新書のここがオススメ!>
あなたの愛は、なぜ幸福をもたらさないのか……。本来、私たちに幸福をもたらすはずである恋愛は、嫉妬や依存、不倫、失恋など、様々な要因により一転し...
平凡社の渾身の1冊
百島 祐貴
590円295円
<担当者力説!ウチの新書のここがオススメ!>
近代医学史上の発明と発見の面白エピソードが満載で、専門用語は最小限にとどめ、大変読みやすいです。CTスキャンの誕生にはビートルズの功績が...
※表示価格はすべて税抜価格です。
▲ ページトップへ
紀伊國屋書店 Copyright by Kinokuniya Company Ltd.2019